もちがじぇっと

とあるアニメからおもちが好きになったガジェット好きのブログ。

Xperia X Performance SOV33をAndroid 8.0 Oreoにアップデート

2018年2月21日に、Xperia X Performance SOV33の

Android 8.0アップデートが開始されました。

www.au.com

Android 8.0に更新されることにより

動作速度・アプリバックグラウンド動作の最適化などが行われます。

私の所持しているSOV33にアップデートを適用しましたので、

改善・変更点/ベンチマークテスト結果をお知らせします。

改善・変更点

設定画面のレイアウトがより分かりやすくなりました。

ステータスバーのWi-Fi・モバイルネットワーク通信ピクトが変更され、通信中のみ下り/上りの矢印が表示されるようになりました。

f:id:tabascofrom:20180324100124p:plain

クイック設定パネルのレイアウト変更

クイック設定パネル展開時、通知アイコンが下部にまとめて表示されるようになりました。

f:id:tabascofrom:20180324100859p:plain

バックグラウンドで動作中のアプリを通知

アプリがバックグラウンドで動作している時に、Androidシステムより通知されるようになりました。

f:id:tabascofrom:20180324101328p:plain

この通知が不要な場合は、以下のアプリをインストールし、通知へのアクセス権限を付与することで非表示にすることができます。非表示にする対象のアプリを指定することもできます。

play.google.com

Xperiaアクションの追加

使用するシーンに合わせて自動で設定を変更できる機能がAndroid 7の頃から強化され、「Xperiaアクション」になりました。「設定」→「アシスト」画面から設定可能です。

f:id:tabascofrom:20180324102108p:plain

起動時間の高速化

起動時間がAndroid 7.0に比べ大幅に短縮され、40秒ほどで起動するようになりました。

PIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)機能の追加

今までもマルチタスクボタンを長押しすることでアプリを複数表示して操作することができましたが、Android 8.0では、対応するアプリ・シーンでマルチタスクボタンをタップすることで、アプリを小窓で表示することができるようになりました。(例・「Google マップ」アプリのナビ画面など)

ベンチマークテスト結果

Antutu benchmark

f:id:tabascofrom:20180324104027p:plain

Geekbench 4

f:id:tabascofrom:20180324104033p:plain

今回紹介した点以外でも、細かい部分での改良が加えられ、Android 7.0の頃よりも使いやすく、動作も素早くなっていると感じました。

Android 8.0アップデート対象のスマートフォンをお持ちの方は、お使いのアプリがAndroid 8.0に対応しているか確認した上でアップデートしてみてくださいね。