もちがじぇっと

とあるアニメからおもちが好きになったガジェット好きのブログ。

Essential Phone PH-1が届きました (到着・ファーストインプレッション編)

f:id:tabascofrom:20180817022602j:plain

Essential Phoneが(2週間前に)到着!

前回の記事では米Amazonプライムデーにて249ドルで販売された

「Essential Phone」を購入するまでのレポートをお送りしましたが、今回は到着までの流れ~ファーストインプレッションをお送りします。

↓前回の記事はこちらから!

mochigadget.hatenablog.com

Amazonからの荷物はどう届く?

今回は一番送料が高い「AmazonGlobal Priority Shipping」を選択して注文しましたが、Amazonに在庫がない状態から注文したため、注文から出荷までかなりの日数待つこととなりました。

注文:7月17日

出荷:7月31日

到着:8月2日

AmazonからUPS(アメリカの運送業者)に引き渡された後、アリゾナ州フェニックス市から成田空港まで数回の航空輸送を経て、ヤマト運輸に引き継がれ配達されました。

f:id:tabascofrom:20180817022849j:plain

商品が確保され出荷されてから配達までわずか2日。送料に19ドル出す価値はあると感じました。

付属品をチェック

付属品は

SIM取り外しピン

Legal/Warranty Infomation

USB Type-C ケーブル(C to C)

USB PD 27W ACアダプター

USB Type-C to 3.5mmイヤホンジャックアダプター

f:id:tabascofrom:20180817021048j:plain

USBケーブルは両端Type-CコネクタのためもちろんUSB PDに対応。

f:id:tabascofrom:20180817021051j:plain

ACアダプターは5V/3A・9V/3Aの出力ができるUSB Power Delivery対応のアダプターです。

単品で買うと結構高いUSB PD対応のアダプターやケーブルが付属しているのは嬉しいポイントですよね。

f:id:tabascofrom:20180817021913j:plain

イヤホンジャックアダプターはDAC内蔵型で、USB Audio Class 1準拠*1となっているためNintendo Switchでも使用可能でした。

本体

f:id:tabascofrom:20180817020750j:plain

Halo Grayの裏面はつや消し加工となっています。

Nintendo Switchの裏面を少し薄くしたようなグレー。

道具としてのスマートフォンのデザインとしてシンプルにまとまっていてクールだと、思いましたが…。

遠目で見るとわかりませんが、私の手に入れた個体は指紋認証センサーとカメラの周りにシミのようなものがついていて、せっかくのデザインが台無しになってしまっています。

f:id:tabascofrom:20180817020833j:plain

↑フラッシュを当ててみました

掲示板などでも多数報告が上がっているようなので、Halo Grayまたはつや消しカラー特有の問題だと思われます。私は個性と思って使っていこうと思いますが、これから購入される方はお気を付けください…

また本体上部の加工が雑で、洋服の繊維などがよく付着します。

全体的に見ればとてもカッコいいデザインなのに、細かい点で評価を下げているのがとても残念です。次回作で改善してくれればよかったのですが、もう開発中止となっているようでorz

保護フィルムはPDA工房の高硬度光沢フィルム・ケースはAliExpressの激安TPUケースをチョイス。

フィルム貼り付け直後は隅で浮きが発生しましたが、使っている間にしっかり貼り付いたようです。

 

ノッチスクリーン

f:id:tabascofrom:20180817021321j:plain

 

Essential Phoneの特徴であるカメラが画面にめり込んだノッチスクリーン。

f:id:tabascofrom:20180817021705j:plain

ノッチ部分が小さく、ステータスバーに十分な量のアイコンを表示できるため、情報量が減ってしまうということもなく、横画面でコンテンツを表示する際はノッチを避けて表示されるため、気が散ってしまうということもありません。

元々はノッチスクリーン否定派で、「ノッチ面積が狭いから」買ってみた私ですが、実際に使ってみると「ノッチ付きでも全然行ける」と感じました。

現状はノッチに対応していないアプリが多いため、ただのステータスバーと化してしまっていますが、Android 9でOS側もノッチ対応されたので、これからに期待することにします。

動作・充電めちゃ速い

Snapdragon 835とUFS 2.1ストレージの組み合わせは素晴らしい。無駄なものが入っていない純粋なAndroidなのも相まって、起動・アプリ切り替え・全てがスピーディー。メモリも4GB搭載されているのでバックグラウンドに回したアプリが落ちることもない。Antutuベンチの結果はこんな感じです。

Essential PhoneはUSB Power Deliveryに対応しているため、急速充電に対応した充電器と組み合わせることで急速充電ができます。

正確な充電時間はまだ計測していませんが、今まで使用していたXperia X Performanceに比べるとかなり速く充電することができました。 

久しぶりにサクサク快適なスマホを手に入れてしまった…しかもPixelと同時にAndroid 9が降ってくるとかもう最高… Essential Productsの今後は不安ですが、PH-1をガッツリ使っていきたいと思います。 

以上、到着までの様子と到着後のファーストインプレッションをお届けしました。

次回以降、充電スピードの計測・micro USB資産の活用法・長期使用レビューなどをお届けしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します~

Essential PhoneはAmazon.comにて329.99ドルで販売中!まだ買えますよ~

www.amazon.com