もちがじぇっと

とあるアニメからおもちが好きになったガジェット好きのブログ。

Anker PowerPort Speed 5を購入しました

Ingress EXO5 XM Anomaly Osaka、終了しましたね。

我々Resistanceは今回もEnlightenedに敗北。悔しいですっ

前回ご紹介したモバイルバッテリー2つを持って参戦しましたが、前日のホテルでAnkerのモバイルバッテリーがうまく充電できないトラブルが発生。

アノマリー後半(Phase2以降)では画面輝度かなり低めで頑張っていました。

QC非対応の充電器だったからなのか、相性が悪いのかは分かりませんが、今までも完全に充電できていないことがあったので、今回Amazon.co.jpで開催されていたセール

「秋のガジェットフェス」にて20%OFFの2,699円分で販売されていた、

Anker PowerPort Speed 5を購入しましたので、紹介させていただきます。

 

 

f:id:tabascofrom:20171110185724j:plain

f:id:tabascofrom:20171110185750j:plain

外箱両面。 Qualcomm Quick Charge 3.0のロゴがありますね。

f:id:tabascofrom:20171110185942j:plain

半透明の袋に包まれているのが本体で、その上には本体に接続して使用する電源ケーブルが収納されています。

f:id:tabascofrom:20171111185112j:plain

電源ケーブル(メガネ型)と、充電器を固定して使用するときに使用するテープ。

f:id:tabascofrom:20171111185425j:plain

QC3.0の出力は3.6-6.5V/3A・6.5V-9V/2A・9-12V/1.5A、

PowerIQの出力は5V/4.8A(ポート最大2.4A)に対応。 重量は205gになっています。

f:id:tabascofrom:20171111185825j:plain

本体裏面。5ポート中2ポートはQuick Charge 3.0とPowerIQの両対応、3ポートはPowerIQのみの対応となっています。

f:id:tabascofrom:20171111190020j:plain

Quick Charge 3.0対応ポートは差込口が青くなっているので分かりやすいですね。

私はスマートフォンタブレット・スマートウォッチ・Bluetoothイヤホン・モバイルバッテリーと充電にUSBを使用するデバイスを複数持っているので、充電が完了するたびに他のデバイスを差し替える手間から解放されるのはもちろん、どのデバイスにも高速で充電することができるようになってとても満足しています。

既にQualcommからはQuick Charge 4が発表されていますが、対応デバイス・充電器が発売され、買いやすい価格になるまでにはまだ時間がかかると思われます。

Quick Chargeには互換性もありますから、今安くなってきたこの充電器を購入するのは良い選択なのでは?と思います。